■11/11 本場“松葉がに”が解禁! 
 
写真

11月6日に今シーズンのズワイガニ(松葉ガニ)漁が解禁となり、市場は紅いカニで賑やかに。
今年は水揚げ量も多く、価格も安めに推移しています。
さて、「ズワイガニ」と言ったり「松葉がに」と言ったり、はたまた「越前ガニ」と呼ばれたりと、このカニにはさまざまな呼び名が登場します。
言葉を整理してみます。「ズワイガニ」、これが標準和名です。そしてこのズワイガニを、鳥取県をはじめとする山陰地方では、「松葉がに」「水ガニ(若松葉ガニと改名)」「親ガニ」と使い分けて呼んでいます。
「松葉がに」は、十分に成長し、殻が固く、身がしっかりと詰まって重く、ハサミが太い、雄のズワイガニのこと。ちなみに「越前ガニ」は、福井県など北陸地方での雄のズワイガニの呼び名であり、その正体は、松葉がにと同じです。
一方「若松葉がに」は、雄のズワイガニでも脱皮直後のもの。殻が柔らかく、軽く、ハサミも小さいことから、値段も手頃です。
そして「親ガニ」は、腹に卵を抱えた雌のことで、さらに値段も手頃。しかも、卵とカニみそが、松葉ガニにはない濃厚な味わいを引き出すということで、鳥取では冬のお味噌汁には欠かせない人気の食材です。 写真は境港の直売センター。山積みで販売しています。
掲載者 ロッキー
関連HP

空室情報
大山ロイヤルホテル
ご予約TEL0859-68-2323メール携帯予約鳥取県西伯郡伯耆町丸山中祖1647-13 TEL0859-68-2333