■5/6 大山周辺のあちこちにボタン満開
 
写真

初夏の花・牡丹の季節がやってきました。ボリューム満点の華やかな花弁、そして香りは初夏の花らしい豪華さがあります。
ホテル周辺では花回廊、山麓の畑などで見ることができますが、なんといっても有名なのは大根島(松江市八束町)。中海に浮かぶ大根島は名前のイメージとは違う「花の島」。揺るやかな丘陵になっている島全体が牡丹、シャクナゲなどにすっぽり覆われている感じです。
島内には由志園などの牡丹園が数箇所ありますが、どこも大賑わいとなっています。5月中旬までは楽しめるでしょう。

※大根島・牡丹物語り
大根島の牡丹は約300年前、全隆寺住職が遠州(静岡県)の秋葉山へ修業に訪れた際薬用として持ち帰り、境内に植えたのが、最初と伝えられていています。
その後しだいに島内の農家に普及し、研究が重ねられて新しい品種が作られるようになりました。昭和30年頃、芍薬の苗に牡丹の芽を継ぐというよう新しい技術が開発されたのをきっかけに、
農家の主婦らが全国へ牡丹の行商に出るようになり、やがて海外への輸出も始まり大根島の牡丹は世界に知られるようになりました。
いまでは町の基幹作物となり年間180万本が生産され、国内や海外に輸出されています。
八束町の牡丹の品種もいまや二百数十種類にもなり、名実共に全国一の産地に発展しました。 なお、牡丹は島根県の花にも指定されています。

掲載者 ロッキー
関連HP

空室情報
大山ロイヤルホテル
ご予約TEL0859-68-2323メール携帯予約鳥取県西伯郡伯耆町丸山中祖1647-13 TEL0859-68-2333